血液クレンジング療法は認知度を高めています

欧州では、相当以前から積極的にとり行われてきた血液クレンジング療法ですが、国内でも女性の方を主として、その認知度が飛躍的に拡大しています。女性に向けた人気を博している雑誌で、血液クレンジング療法が案内されたことがきっかけとなったようです。しかしながら、名前に限っては聞いたことがあるけれど、細部においてどういったことをするのかまでは知識がないという人も多いと考えられます。そのため、血液クレンジング療法が現実的にどのように行われるかを理解するこは重要になります。

点滴という形でオゾン化した血液を戻します

血液クレンジング療法は、まず第一に病を患っている方自身の血液を採血することからスタートします。採血することになる血液は、100ml~150mlというのが基本です。病を患っている方の年齢やウェイト、それにその時のコンディションなどを考慮して、ドクターがフィットする分量を決定しますので心配することありません。さらに、採った血液のオゾン化が施されます。血液は黒い色をしているのですが、オゾンと入り交じると、鮮明な赤色へと変化します。それから、オゾン化され、活発化された血液は、もう一度病を患っている方の身体の中へと戻されるのですが、この際に点滴が利用されます。点滴は、おおむね30分ほどの時間が掛かりますが、このときには体が温まります。オゾンによりまして、元気を回復した血液が指先の毛細血管の隅から隅まで行き渡るので、体温がアップして、体が好調になっていく感覚を楽しむことができます。

血液クレンジングは近年、若返り美容法として注目されておりドロドロの血液をサラサラに変える事が出来ます。